未来を生きる子供たちのための本当に役に立つ教科書

我が子の誕生をきっかけに、未来を生きる子どもたちのため、本当に役に立つ教科書を作ることにしました

幸せの数え方


この記事は哲学・ポエムカテゴリの文章です。
記述内容を無批判に受け入れることなく、読者自身が考えるきっかけにしていただきたいと思います。


幸せは、「ある」「ない」と数えましょう。

帰る家が「ある」。

食べるものが「ある」。

着る服が「ある」。

大切な家族や友人が「いる」。

信じられる道が「ある」。

  

「ない」ものも数えましょう。

戦争が「ない」。

きれいな水を探す必要が「ない」。

暴動を恐れる必要が「ない」。

大切な人に裏切られる心配が「ない」。

失うものが「ない」。

  

幸せは、数字で数えてはいけません。

幸せを数字で表すと、人と比べてしまいます。

自分のお小遣いは月5万円だ。

100万円の高級アクセサリーをもらった。

バレンタインデーにチョコを100個もらった。

自分の書いた本が100万部のベストセラーになった。

数字が人より少ないと、幸せが幸せではなくなってしまいます。

 

要するに、幸せは、自分で決めるもの。

どうせ他人にはなれないのだから。